ミノキシジルタブレットの効果

年齢を重ねるにつれ健康や外見などで気になる事がたくさん増えてきます。
特に男性は髪の毛について気になるという方が多いようです。
育毛剤にもたくさんの種類があるのですが、その中で一番効果があるのはどれなのか、今回はそのことについてご説明いたします。
現在医学的根拠があり育毛剤として認められている成分は2種類です。
まず一つ目がプロペシアという日本では処方箋薬として医師の処方の元購入できる経口治療薬。
そしてもう一つはミノキシジルと言う成分です。
ミノキシジルなのですが、日本では厚生労働省のもと服用タイプは認められておらず、外用治療薬(直接塗るタイプ)のものしか販売できない事になっております。
しかし実際のところ一番効果が期待できるのはミノキシジルタブレットだと考えられております。
なぜ日本ではミノキシジルタブレット認められていないのかと言いますと、効果が高い反面副作用も高いと考えられているからです。
安全性の観点の相違により日本では外用薬でもミノキシジルの成分は5%未満のものまでとされております。
海外などでは15%の成分量のものも販売されており、日本ではそれだけ安全性が重視されているのです。
アメリカのファイザー社がロニテンという製品名でミノキシジルタブレットを販売しております。
ファイザーはミノキシジルの外用薬ロゲインを開発した製薬会社で、20年以上前に開発されたのでミノキシジル自体の特許は切れております。
そこでロニテンジェネリックが多数開発されており、様々な国でロニテンジェネリックが販売されているのです。
日本国内では販売されていないので、購入するには海外から個人輸入する必要があります。
しかし、ロニテンジェネリックは日本人向けに開発されていないので、最初は含有量がすくない外用治療薬タイプのものからはじめ、徐々に段階を踏みましょう。
育毛剤の中で一番効果があるとされているので、本当に脱毛症で悩んでいてこれしか方法がないと言った場合には試してみる価値はあるかもしれません。
育毛剤の最後の砦としてミノキシジルタブレット気になる方は、インターネットなどで個人輸入代行などで英語などできなくてもスムーズに購入することができます。