相乗効果のプロペシア

現在のAGA治療で特に効果的な方法は、育毛効果の高いミノキシジル成分の使用です。
さらにプロペシアを併用して使用することでより高い育毛効果が得られることも既に実証済みです。

ミノキシジルは、詳細は未だに不明とされているが、髪の毛の元ともいえる毛母細胞と毛乳頭細胞と呼ばれる髪の毛の栄養素を貯めている場所を活性化することによて育毛作用を齎すと言われています。
海外では内服薬のミノキシジルタブレットが販売されていますが、現在の日本では外用薬のタイプのものしか認められておりません。
よく知られている市販の商品は、薬局などでも見かけるリアップという商品がそれにあたります。

ちなみに当初は経口薬も販売していました。
この薬は、血管を拡張させる作用があることから、高血圧を治療する為の薬として開発されていたところ、臨床試験者から体毛が濃くなる報告を受け、そのことから育毛作用がある点に着眼されて開発された薬でした。
ところが、重篤な循環器系の副作用が見られることを受け、FDAではあくまでも経口薬は高血圧治療薬としてしか認めないと改変されました。
それを受け、日本でもAGA治療目的での経口薬を使用することは避けるようになっています。

いくら効果が高くても、命の危険を冒してまで行うことは、本末転倒です。
そこで、外用薬にすることで、皮膚から吸収させることによる成分効果は内服薬よりも軽減してしまいますが、副作用もその分減る為このような形で販売されるようになりました。

もう一つのプロペシアは、フィナステリドという主成分から作られている経口薬です。
この成分の特徴は、髪のサイクルを止めてしまうと言われている5-α還元酵素の作用を阻害する役割があり、そのことから髪のサイクルを正しい発毛サイクルに戻すことで育毛を促します。

この二つの薬の作用が異なることから、飲み薬と塗り薬という形で一緒に使用することで、発毛サイクルを正常に戻した毛根に対して、毛母細胞の働きを活発させることで、更に髪の毛を生やす率を高くすることに期待が持てます。
ですが、使用してすぐに効果があらわれるわけではありません。
最低でも三ヶ月の継続的な使用が必要であり、根気強く続けていくことで初めて効果が期待出来るものとなっています。